フローリッシュ

2年の途中に広島駅の3階に新たにお店を出店することことで僕はオープニングスタッフとして移動しました

今までのお店とは違って白をベースに黄色やブルーでまとめたポップなお店で何より広い空間でした

スタッフ6人体制で僕はアシスタントとして始めました

当時はまだサイドシャンプーだったので腰が痛かったのを覚えています

手が空けば割引券を持って外に出てナンパ、、

じゃなくモデルハントに出る毎日

僕のお客様のほとんどが中高生でした

今ではその子達が結婚して子供産んでお母さんとして来てくれる

ありがたいです 感謝

ある日、岡山に毛髪科学の勉強を凄いしてる美容院があるから行こうってなりました

そこにいたブルームの三上社長が凄いインパクトのある方でよく覚えています!

ストレートと毛髪科学に特化したお店

そこで初めてストレートと毛髪科学の勉強をすることになります

ストレートは特にツインブローがメインで練習し毛髪科学は髪の構造からパーマ、カラーすると髪がどのようになってこうなるとか、髪に必要な栄養とはとか

2週間ほど泊まり込みで勉強し最後の日、ストレートは実践して毛髪科学で習ったことはホワイトボードを使って社長やマネージャーに説明するのが最終試験

完璧でした!

いい経験した上に最高な充実感を初めて味わいました

その後、東京の竹下通りにも支店がありそこでも2週間ほど泊まり込みで働きました

テレビでしか見たことのなかった朝の通勤ラッシュ味わって見たかったので楽しかった

この時点で毛髪科学についてはかなりの天狗状態、、、

でもこのおかげ年上のお客様が増えました

その後初めてカットの先生との出会い

松山市にあるASAKURAと言う美容院の先生です

今考えると相当最先端の技術を教えてもらってた気がします

スライドカットやディスコネクション、カラーはウィービングなど

当時はまだカット仕立てで綺麗にブランドカットを覚えたい時期だった僕には少し早かったような気もしました

当時高松で5千人入る所でヘアーショーするから出ない?ってなり

うちのお店から3人出ることになり、その中の1人で僕も出してもらいました。

バスをかしきりスタッフみんなで行ったのを覚えています

この日用にシザーケースもオリジナルで作ったなー

そんなこんなで後輩も増えてお客様も増え、気づけばチーフになり3年目が過ぎようとした頃ある転機がやって来ます

市内に進出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です